当機関の特徴

  • HOME
  • 当機関の特徴

こんな機関です

こんな機関です

当機関は、長年ビジネスパートナーであった日本人とネパール人の代表が共同で立ち上げた機関です。
技能実習生は様々な職種に紹介が可能ですが、当機関では、介護業界に特化し人材の育成に力を注いでいます。日本も駐在事務所があり、日本人とネパール人が常駐しております。そのため、他機関にはないきめ細やかな対応が可能です。また、現地ネパール送り出し機関には、教員経験のある日本人スタッフが常駐し、育成に力を注いでいます。

こんな所に力をいれています!

こんな所に力をいれています!

日本の生活習慣・マナー・ルール等の教育にも力を入れています。
日本で問題なく日常生活を送れるよう、挨拶の大切さや時間厳守の風習、交通ルールにゴミの分別、そして日常生活で不可欠なマナーや仕事上で必要なマナーなど、様々な事柄において事前研修を受けます。
日本人スタッフが日本語の細かなニュアンスや派遣企業様の地元の方言、地元ならではの風習等も教育しています。

企業様のHOW TOの伝授

それぞれの施設様には独自のHOW TOがあるはず。日本へ来る前に実習生に教育しておくと着任後、スムーズに教育が進みます。
まれに、ネパール実習生が「もっと都会で実習が出来るかと思った」「実習の内容が想像と違う」などの悩みで、せっかく教育をしたのに故郷へ帰ってしまったとの事案もあります。
良い面・悪い面を包み隠さず伝えてください。

例えば…
うちは月1回は親睦会がある、休憩室にはおやつは欠かさずある、屋上から見える夕日は最高!、夏はセミの鳴き声がうるさい、2階のトイレは狭い、など・・・何でもよいです!些細な事を教えてください。来日してからは、実習生はそれが日常になるんです。良い事だけ教えてもらったら不安になります。ぜひ悪い事も教えてください。

企業様のHOW TOの伝授
企業様のHOW TOの伝授
企業様のHOW TOの伝授

現地の日本人スタッフ

松浦 東洋児(まつうら とよこ)

松浦 東洋児(まつうら とよこ)

はつしば学園小学校で教員をし、定年退職後は地元の障害者支援センターでお手伝いする。
Good Lifeの理念に共感頂き、日本語教師としてネパールに渡り長年の経験を活かし、生徒に日本語や日本のマナーを教育する。

当機関にはなくてはならない人物であり、ムードメーカー。
実習生達のお母さん的存在。
ポジティブな性格で思い立ったらすぐ行動がモットー。

趣味 ゴルフ、読書
特技 マリンバ演奏
好きな食べ物 肉料理
休日の過ごし方 寺院巡り
座右の銘 継続は力なり
幸せを感じる瞬間 ピアノ、マリンバを演奏している時
皆様にひと言 人生100年、生涯学習、生涯現役。
何事も諦めずに、挑戦してゆきましょう!

お問い合わせ

ネパール人技能実習生・日本の大学への留学生斡旋に関するお問い合わせ

TEL:0721-40-2790 FAX:0721-40-6868

お問い合わせはこちら